遊びに行った風俗のお店は大宮でも若い娘が多いので有名な某高級イメクラ。
電話した時のスタッフの対応は良い意味で慣れていてこちらもスムーズに要望を伝えることができました。
ホテルはJRの駅からほど近い所に先に入ってワクテカで待機でしたが、この時間がひたすら長く感じますねえ、もうここから焦らしプレーです。

兄妹プレイ

やってきたゆうこちゃんは、21歳の現役女子大生、ホテルの部屋に入って最初の挨拶を萌え萌えにしてくれたのは嬉しかったです。
簡単なアンケート的なものでプレー内容の指示をゆうこちゃんと打ち合わせ。
呼び方は「お兄ちゃん」(絶対)に統一してと言ったら「わかりました!お兄ちゃん♪」という返しですでに下半身は準備万端になりました。

「お兄ちゃん、今日は父さんも母さんも帰ってこないんだよ。
とりあえず一緒にお風呂に入ろうか。
」こんな感じでお風呂に誘ってもらい、仲良く二人で洗いっこ。
理容師の勉強とかを一時してたらしくて丁寧にシャンプー掛けてもらえました。

ついオッサンが出ます

お風呂をあがったあとはベッドに誘い、キスをしながら体を触りっこ。
おいおい、ゆうこいつの間にこんなに成長したんだ、とか言いながらたわわに実ったお胸の果実をもーみもーみもみ。
ゆうこちゃんは小刻みに震えながら、「いやぁ…、お兄ちゃんの手で感じちゃうの…」。
乗ってきたこちらですが、「ええんかええんか、ゆうこ、ここが感じるんか」とつい根のおっさんが出てしまいました。
それでもゆうこちゃんは懸命にイメクラプレーを継続してくれて、さすがに高級イメクラは違うと納得。
「うん、お兄ちゃんが触ってくれるとこはどこでも気持ちいいの。
えっちな妹でごめんね」

リピート確定です

お兄ちゃんはもうたまらんとばかりにお口でのプレーをお願い。
女子高生姿の妹が自分の股間を頬張ってる姿に激しく欲情、あっという間に上り詰めてしまいました。
この時にこちらが行くのを伝え損ねたので妹の口内が白濁液で汚れてせきこますはめに。
ごめんごめんとすぐに謝ったのですが、「ううん、お兄ちゃんが気持ち良かったらゆうこはいいんだよ、ゆうこはお兄ちゃんの性欲処理肉便器だから、また都合がいい時に私の体で性欲処理してください。
」………もう10才若ければ二回戦行けたのがもったいなかったです。

プレー後もベッドでいちゃいちゃしてくれてその間はずっと呼び方は「お兄ちゃん」でした。
体も癒されたし、心も妹にすっかりと癒されて、大宮の町で手を振ってお別れ。
またリピート確定になりました。